FC2ブログ

ミニトマト、節水に挑戦

2018.06.10 09:12|ミニトマト
2018年06月10日 

ミニトマト移植63日目

曇天の中のミニトマト。

20180610 ミニトマト① 

梅雨入りして湿気がすごいので、
水やりを止めてみた。
写真はプランター下部の水が入っていたところ。
水が無くなって根っこが見えてるね。

20180610 ミニトマト②

そのお陰か茎に生えていた産毛のようなものが、
濃くなってきた。

20180610 ミニトマト③

それと、
成長がよくなるように一番小さい房先端を切り落とし、

20180610 ミニトマト④

黄色くなった下葉も落としてみたよ。

20180610 ミニトマト⑤

あとは実が赤くなるのを待つばかり。

20180610 ミニトマト⑥

乾燥させすぎて枯れないようには気をつけなきゃね。

今日はこんなところで。


【Twitterで更新のお知らせを始めました:https://twitter.com/kagurasyun】 

ポチッて頂けると嬉しいです。
 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
閲覧数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

他の野菜作り人気ブログ リンク先

ベランダ農園使用器具

①プランター


プランターの下に大量の水が貯められる受けが付いています。 さらにその下に、タイヤが付いているため満水でも移動させやすいです。 脇に空気穴があるため、根腐れしにくく重宝しております。

おかげでうちの水やりは週に一回程度。

ただ、難点は夏場に蚊が発生しやすい事。
↓の防虫ネットで注水口ごと塞いでおくと良いです。

②防虫ネット


ネットと温室用ビニール、そして組立型の支柱セットです。 支柱を組み合わせる事で高さを変えれるため、 1セットでいろいろ使えます。 また、ビニールは冬場の温度維持にも有効です。 さすがにハダニや小さい虫までは防げきれませんが、 たいがいの虫や鳥には効果抜群です。

難点は支柱が組立型のため、強風でたまにはずれちゃいます。

③誘引用ガーデンテープ


これ凄く良いです。 トマトや茄子の誘引で支柱に留める際、縄とかですと片手で茎を押さえながらひもを縛るといった高等技術を要求されますが、このテープはつまんだとこだけ接着するので、片手で簡単に留められます。接着強度もかなり強く、多少の強風ではびくともしません。テープ自体は手で簡単にちぎれるので扱いやすいですよ。