FC2ブログ

ニラの移植と土の再生

2016.10.30 11:03|ニラ
2016年10月30日②

ニラ第三弾定植113日目。
茄子撤収後のニラ。

20161030 ニラ①

大きなプランターにニラだけなのはもったいないので、
植木鉢に移植しよう。

20161030 ニラ②

ということで、
移植後のニラ。
上手く定植するかな?

20161030 ニラ③

んで、跡地のプランター。

20161030 ニラ④

いつも通り、
再生材と油かすと苦土石灰を投入。

根っこや敷き藁は取り除かないのかって?
畑でもそんなことしないでしょ。

20161030 ニラ⑤

混ぜ込んで作業終了。

20161030 ニラ⑥

次は何を育てようかな?

今日はこんなところで。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
閲覧数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

他の野菜作り人気ブログ リンク先

ベランダ農園使用器具

①プランター


プランターの下に大量の水が貯められる受けが付いています。 さらにその下に、タイヤが付いているため満水でも移動させやすいです。 脇に空気穴があるため、根腐れしにくく重宝しております。

おかげでうちの水やりは週に一回程度。

ただ、難点は夏場に蚊が発生しやすい事。
↓の防虫ネットで注水口ごと塞いでおくと良いです。

②防虫ネット


ネットと温室用ビニール、そして組立型の支柱セットです。 支柱を組み合わせる事で高さを変えれるため、 1セットでいろいろ使えます。 また、ビニールは冬場の温度維持にも有効です。 さすがにハダニや小さい虫までは防げきれませんが、 たいがいの虫や鳥には効果抜群です。

難点は支柱が組立型のため、強風でたまにはずれちゃいます。

③誘引用ガーデンテープ


これ凄く良いです。 トマトや茄子の誘引で支柱に留める際、縄とかですと片手で茎を押さえながらひもを縛るといった高等技術を要求されますが、このテープはつまんだとこだけ接着するので、片手で簡単に留められます。接着強度もかなり強く、多少の強風ではびくともしません。テープ自体は手で簡単にちぎれるので扱いやすいですよ。